HOME > 婚約・結納 > 結納の進行

どうやって進行すれば?

自宅やレストランなどで行う場合、進行も自分達で行わなければなりません。おおまかな進行方法は以下のとおりです。

行動台詞・口上
男性側で結納品を飾り付け(女性側は別室で待機)
飾り付けが終わり次第知らせ、女性側入室
口上を述べる男性側父「このたびは○○さんと息子の××にすばらしいご縁を頂戴いたしまして、ありがとうございます。本日はお日柄もよろしいので、結納の儀を執り行わせていただきます」
男性側母が結納品を女性本人の前まで運ぶ。
軽く礼をして席に着く。
男性側「結納の品です。幾久しくお納めください」
女性が一礼して目録に目を通し、口上を述べる。
父親、母親にも回した後、女性の母が結納品を元の位置に戻す。
女性「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」
女性が受書を男性本人の前に運ぶ。 女性「私たちからの受書でございます。幾久しくお納めください」
女性の母親が結納品を持ち、男性本人の前まで運ぶ。 女性側母「私たちからの結納品でございます。幾久しくお納めください」
男性が一礼して目録に目を通し、口上を述べる。
父親、母親にも回した後、男性の母が結納品を元の位置に戻す。
「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」
男性が受書を男性本人の前に運ぶ。男性「私たちからの受書でございます。幾久しくお納めください」
男性の父親があいさつをする。男性父「本日はまことにありがとうございました。略式ではございますが、滞りなく結納を交わすことができました。今後ともよろしくお願いいたします」


また、司会進行は男性側の父が行うのが一般的です。
とは言え女性側も頼りっぱなしにならないよう、受書の準備など、怠りのないようにしましょう。
また、関西式では結納品は一つずつ台に乗っているので、目録だけのやり取りになります。
地方によって独特の風習などがある場合もありますので、臨機応変に対応しましょう!



inserted by FC2 system